自賠責保険のこと|頼れる人がいるのは嬉しい!ファイナンシャルプランナーに相談をして安心な保険を選ぼう

【自賠責保険は義務】原付を購入するなら知っておこう

自賠責保険のこと

乗り物

必ず保険に入ることが義務である

自賠責保険とは、自動車を購入した人全てが保険に入ることを義務付けられている保険です。原付バイクも同じことが言えます。この保険は法的に決められたものなので、自賠責保険に加入していない状態で道路を走行すると法律上により罰せられます。そのため、忘れずに自賠責保険に加入する手続きを行いましょう。

自賠責保険に入る方法

自賠責保険は、義務付けられた保険なので、加入する方法も様々です。バイク販売店で購入した場合でしたら、流れで自賠責保険の加入手続きを自動で行なってくれる店舗が多いです。その他で原付を手に入れて加入していないのであれば、損害保険会社やインターネットでも簡単に加入手続きがとれます。このように、加入出来る場所は豊富にあります。また、契約には正しい情報が必要となるので、契約に必要な情報を間違えないように注意する必要があります。

必要情報を準備しておこう

原付の自賠責保険加入手続きをする場合、標識交付証明書と保険料を忘れずに持っておくようにしましょう。保険料は地域と保険期間によって異なるので、事前に調べて金額を用意しておくと手続きの際に慌てずにすむでしょう。またこれから必要な情報は、原付のナンバープレートの番号や、原付所有者の名前、住所などの個人情報です。車台番号も必要になります。しかし、これらの番号は原付を購入したばかりで覚えていないと思います。標識交付証明書をそのまま持っていれば車台番号が載っているので安心です。

自分や他人を守るためにも保険は必要

保険の大切さをわかって頂けたでしょうか。保険は自分を守るためだけでなく、自分が他人や物に損害をもたらしてしまった時でも保障出来るものです。だからこそ、保険の重要性を理解して、保険に入り万が一に備えておくことが一番大切なのです。

義務になる保険もある

自動車保険では、原付のように法律で保険加入が義務づけられているものもあります。しかし、その義務にはきちんとした理由があり、それによって安心出来るものだということを理解していくことが大切だと言えるでしょう。

広告募集中